政治経済でついブックマークするサイトを紹介

政治経済でおすすめのサイト

今回は、政治経済で思わずブックマークしてしまうサイト、ということで、そんなサイトを紹介したいと思います。
まずは、歴代の内閣総理大臣並びに閣僚の一覧が掲載されているサイトです。

初代の内閣総理大臣から、95代の内閣総理大臣、つまり現在の内閣総理大臣まで掲載されています。
どのようなことが掲載されているかと言いますと、まずは、内閣総理大臣の氏名です。

次に、在職期間です
内閣の改造によって第2次、第3次という内閣になっている場合には、その都度在職期間が掲載されています。

さらに、面白いのが出身分野というものです。
明治時代のあたりですと、倒幕志士や公家、陸軍、海軍大将といった肩書きもあります。

大正時代になりますと、党人や法務、外務官僚、大蔵官僚といった閣僚出身の人もいます。
昭和になりますと、海軍大将や軍人大将出身の総理大臣が目立ってくるのです。

そして戦後すぐには、皇族出身の内閣総理大臣も誕生し、その後は官僚と党人がほとんどを占めます。
そして、就任年齢や生年月日、死去年月日に出身地も掲載されています。
そして、それぞれの総理大臣の名前をクリックすると、閣僚の名前がでてくるのです。

内閣総理大臣はもちろんのこと、総務大臣に法務大臣、外務大臣といった主要閣僚から、内閣官房副長官といった、日ごろはあまり日の目を見ない人も登場しています。

内閣改造をした際には、改造の年月日とその顔ぶれも掲載されています。

ヒット商品が見れるサイト

次に面白いサイトとしては年別のヒット商品や話題の商品などが掲載されているサイトです。

雑誌などが掲載しているヒット番付のようなものを参考にしています。

例えば、2011年にはどのようなものが掲載されているかというと、
東の横綱には、今やタブレット端末や携帯電話で世界を席巻しているあのコンピューターメーカー、
西の横綱には、節電商品、西の大関には、東の横綱のライバル端末、西の大関には、サッカー女子日本代表、
関脇にはソーシャルネットワーキングサービス、西の関脇には有楽町にできた様々な商業施設、
東の小結には第3のエコカーなどのエコカー、西の小結は博多の商業施設です。

では、少し時代をさかのぼって、2000年のヒット商品にはどのようなものがあったのでしょうか。
東の横綱には日本発のファストファッションブランド、西の横綱には、平日半額ハンバーガー、
東の大関には、シアトル発のコーヒーチェーン、西の大関には家庭用ゲーム機、
そして東の関脇には静岡県の御殿場にできた商業施設、西の関脇には口どけの良いスティックチョコレート、
東の小結には、この年世界的大会で金メダルを獲得した女子のマラソンランナー、西の小結はDVDでした。

以上のように、番付で紹介しているものもあれば、大賞や、各種部門賞といった賞で紹介をしているものがあります。
これを見ていると、経済の動きは早いものだと改めて感じるとともに、次の時代のヒントともなるべきものもあります。