自動車業界の関係者がチェックしておきたいサイト

自動車業界と言えば

自動車業界としては国内外問わずに非常に競争が激化しているところでもあり、グローバルに情報を収集する必要があります。
特に、環境に関しては排ガス規制など国としても本格的に取り組んでいるところであり、業界の関係者としては注目したいところです。
現在、国内の自動車メーカーはそれぞれ技術革新を進めている状況であり、各社とも非常に特徴のある独自路線を進んでいます。
環境性能の高いエコカーに関しても、トヨタやホンダはハイブリッドカーを主力としているのに対して、スズキはエンジンを改良することで非常に低燃費のエコカーを実現しています。
エコカーに関しては免税や減税対象になることもあり、また補助金の対象となることもありますよ。
今まで何回も自動車取得に関して補助金が施行されることがありましたが、いずれも期間満了を待たずして予算執行に伴い終了しています。

オススメサイト

自動車に関しては国は国土交通省が管轄しているところです。
法律やその他の統計情報が掲載されている国土交通省のホームページは業界関係者としては常にチェックしておくべきでしょう。
トピックスとして毎日その日の重要な車に関する出来事も掲載されています。
他にはグローバルに展開していることから円高や円安によってもメーカー関係者の利益に大きな変化があります。
一時期急激な円高が進んだ際には各社とも非常に苦しい経営状況になりました。
事業計画や利益見通しの修正が余儀なくされてしまったのも記憶に新しいですね。
ですが、円安になると事態は一転します。
収益アップとなり従業員の賞与にも大きく響いてきます。
そこで、自動車に関する情報のみならず、金融関係の情報というのも実はとても重要なのです。
そこで、Yahoo!ファイナンスなどのサイトで常に日経平均と為替くらいはチェックする癖をつけることも大切です。
また、他にも新車以外に中古車市場が非常に活気を帯びています。
若者の自動車離れがはじまって久しいのですが、やはり車は必要な生活圏というのはありますので景気により多少のブレはあっても、堅調な成長市場であると言えます。
ただ、デフレ経済の中で新車にこだわる人は少なくなり、同じ価格で一ランク上の車にのれるということもあり、中古車市場で車を購入する人が増えてきました。
自動車メーカーとしては新車販売をするディーラーだけではなく、中古車市場に関しても視野に入れながら営業戦略などを考えることもポイントになってきました。
特に中古車市場はインターネットサイトが充実していますので、各社のHPをチェックして相場などを調べるのもいいでしょう。