ゴルフ場、関連業界の関係者がチェックしておきたいサイト

ゴルフ業界について

ゴルフ場業界というと、今はM&Aが進んで企業間競争が激化していることが分かります。
バブル期までは大変多くのゴルフ場が建設ラッシュという状況の中で多くの利益を上げていましたが、バブル崩壊とともにその経営状況は悪化して、倒産や経営破たんをきたすケースが非常に多くなってきました。
今後のゴルフ場業界の動向をふまえると、近年では増加・横ばい傾向にあったものの、少子化の影響はまぬがれなく顧客数は減っていくことと思われます。
そこで、ゴルフ場関係者としてはこのような事態を突破できるような人材が求められているといえるでしょう。
一つの方法として、本当にゴルフ好きな人を増やして市場を上昇させるための術を身につけることが必要と言えます。
そのために、どのような情報を収集していく必要があるかというと、ゴルフに対する深く広い知識、そしてゴルフ場の現場というのは基本は接客であるということで、マナー・作法、サービス精神という点で非常にたけていることがあげられます。

ゴルフ情報をキャッチしよう

ゴルフに対する深くて広い知識というのは、自分がコースをまわるだけではなく、日々の情報収集の中から生まれるのです。
ゴルフのポータルサイトALBA.Netというサイトがあるのですが、ここではツアー情報、ショップの情報、ゴルフ場に関する情報を得ることができます。
自分がゴルフをする上で必要な情報を得ることができますし、不足している情報を補うこともできます。
大切なことはお客様と会話できるコミュニケーション能力をどれだけもっているかということです。
コミュニケーションを成立させるためには共通の話題が必要ですね。
ゴルフの良さを知って一緒になって盛り上がるということが大切なのです。
ゴルフのことを知ることでゴルフの良さが分かり、それを人に伝えることでゴルフ人口を増やすことができ、結果としてゴルフ業界全体が潤っていくのです。
ケイコとマナブnetというサイトでは色々な資格を学ぶための情報を得ることができます。
現在はコミュニケーション能力検定というのがあるのですが、これは日本コミュニケーション能力認定協会の主催するものです。
まずは2級から始めて接客や営業のスキルの基礎とすることも大切です。
このサイトからは他の色々な接遇に関する資格の情報を得ることもできます。
資格取得の中で得た人間関係の中から思わぬ情報がもらえることもありますし、人間関係を深めるという意味でもきっと良い方向に向かうことでしょう。
マナーは接遇の基本、現場は仕事の基本ということを忘れないようにしましょう。