ホテル業界の関係者がチェックしておきたいサイト

KH085_72A

ホテル業界について

東京オリンピックの招致が決定し、これからの数年間は日本中のホテル業界が非常に活気にわくことでしょう。
反対に言うと、ここから頑張ったホテルと何もしなかったホテルとで非常に差が開くことになります。
東京オリンピックを契機にホテルの集客状況はよくなるかもしれませんが、問題は終わった後にどれだけお客様をリピーターとして呼べるかということです。
近況としては外資系のホテルにおされている国内のホテルがあるという現状もあり、ここできちんとお客様がリピーターとして戻ってくれるようなホテルにするために、どのような情報を収集しないといけないかということについてお話します。
まず、ホテルというと接客する人が非常に大切というイメージがあるかと思います。
もちろん、ホテル業の基本は接客になりますので、一通りの接遇・マナーについて身につける必要がありますね。
特にホテルに関しては語学力が問われることがあります。
実際、東京オリンピック招致に向けて英語だけではなく、英語以外に一つ語学ができるというバイリンガルならぬ3カ国以上の言葉を操る方のニーズがとても増えています。
でも、学生にしても社会人にしても語学の勉強というのは非常に難しいものです。
大手の語学学校は軒並み高額な月謝を支払う必要がありますし、社会人としては英会話学校に通う時間もなかなか確保できないのが現状でしょう。

WEBを使ったオンラインレッスン

そこで、おすすめサイトとしては、WEBカメラを使ったオンライン英会話レッスンができるサイトです。
このオンライン英会話は数々のビジネス番組でも取り上げられており、有名どころではレアジョブや英語でしゃべり隊があります。
これらのオンライン英会話を比較しているオンライン英会話スクール比較サイトというものもありますので、自分の予算や時間帯に合わせて一度習ってみるのもよいでしょう。
30分100円台という格安のスクールもあります。
また、語学の他にシステムに強いということも大切です。
人が大切なのは重々承知ですが、ホテル内業界においては集客システムをいかにして作り上げるかということが最大のストラテジーとして挙げられています。
お客様のニーズをいかに汲み取り自分のホテルに集客できるかというシステム構築において、システム開発者、システムに精通している人というのは必要不可欠です。
そこで、大手のメーカーの出しているホテルシステムについて理解し、必要なシステムを選べるプロが求められています。
各社のホテルシステム事業部のホームページ(日立やNEC、富士通等)をチェックして、日頃から情報収集をしておくことをおすすめします。