建設業界の関係者がチェックしておきたいサイト

法律が大事な業界

建設業界で働く人間としては、デザインなどの流行などに敏感であることも必要ですが、やはり最も大切なのは安全・快適な家を作るということであり、法律にのっとった仕事をしなければなりません。

数年前に構造計算書偽造問題に端を発したように、建築基準法の順守に関しては絶対的に守らなければなりません。
ですから、法改正に関する知識を得つつも、常に新しい構造技術やデザイン性の追求が必要とされるでしょう。

まず、建築家として専門的な知識を身につけたいと思う方は資格取得を目指すのが近道です。
建築・不動産に関してはたくさんの資格があり、それぞれの資格取得者に応じてできる仕事、できない仕事があります。
多くの仕事に携わりながらキャリアアップを図っていこうと考えている方はまずは資格を取得して職務の幅を広げ、深めていくことをおすすめします。

資格について

建築関係で一番有名な資格は一級建築士です。
大手の資格取得スクールなどには必ずあるコースですので、働きながら資格取得を目指す人は資格スクールに行くのが近道です。
メリットとしては効率的な勉強ができることですが、反面費用がかかってしまうというデメリットもあります。
他にも社会人歓迎の大学・専門学校もあります。

ベスト進学ネットというサイトがありますが、ここで全国の社会人歓迎の学校を探せますよ。
自分のお財布と相談しながら決めるようにしましょう。
次に、建築関係の資格というと女性に人気なのがインテリアコーディネーターで、住宅環境を整えるという意味でとても重要のある資格です。

通信教育で取得できる資格としてOLさんに人気の資格です。
先ほどの一級建築士の資格もそうですが、とにかくたくさんの会社が講座を取り扱っています。
それぞれに特徴もあり自分の生活スタイルにあわせて資格を考えることが大切です。
資格・スクールナビなどで横断的に探すことをおすすめします。

そして、先ほどとても大切だといった建築関係の法律に関する情報サイトですが、国土交通省のサイトが最も基準となります。
建築基準法に関して国が管理・管轄しているのが国土交通省なのでこちらでの掲載になるので、厳密に調べたいと思ったら絶対的に間違いのないこのサイトを見るべきです。

また、財団法人建築行政情報センターでも法改正について常に正確な情報がアップされており、過去5年間の改正分をチェックしたい人にはおすすめです。
法律関係は解釈などもありますので、厳密に正確な情報をとることがとても大切ですね。