映画・テレビ業界の関係者がチェックしておきたいサイト

KH098_72A

映画・テレビ業界と言えば

映画・テレビ業界といえば学生からも人気のある花形業界です。
ここでは仕事ができるだけではなく、表現のセンスを磨くことが要求されるような世界です。
そこで、今までの映画やテレビ業界の遍歴・歴史について学ぶことも大切ですね。
それぞれの会社がどのような遍歴できているかということを知ることで、今の特徴も浮き彫りになってくるからです。
映画に関する知識に関しては映画検定なるものがあります。
キネマ旬報が実施をしており、ここから問題集も出版されています。
映画に関する幅広い知識をつけるためにもこの映画検定を受けてみるのもいいですね。
これはキネマ旬報のホームページをチェックしてみてください。
映画検定に関する詳細について具体的に記載されています。
試験日、申し込み方法の他にも模擬検定があります。
実際に受けようか迷っている方に関してはここで模擬検定を受けてみて自分の実力試しをしてみましょう。

経営戦略の能力

また、映画にもテレビにも言えることですが、制作資金を外部から集めてくる必要がありますので経営戦略の能力に長けていることも大切です。
アメリカの経営学修士であるMBAは以前は海外の大学でないと取得できなかったのですが、日本国内でも手軽に通って取得できる身近な資格へと変わっています。
グロービス経営大学院大学というのは社会人向けに日本国内でMBAが取得できる学校の一つです。
MBAは他の学問と異なり、ケーススタディを中心に学んでいくのである程度の社会人経験、できればマネジメント経験があると非常にためになるものです。
一つの事例に対して自分がリーダー、経営者だったらどのような判断を下していくのかということを、他のメンバーに対して主張していきます。
経営戦略立案能力も必要ですし、リーダーシップも必要になってきます。
とにかくマルチで学ぶことができるということでとても人気です。
グロービス経営大学院大学はとても評判がよく、一度グロービス・マネジメント・スクールのサイトを閲覧してみるのもいいでしょう。
映画会社やテレビ局で働く際の就職面談は映画やマスコミに対する質問も多いのですが、同時に経営的な観点をどれだけ持っているかということが問われています。
これは映画とテレビ制作に資金はなくてはならないものであり、その資金調達そのものが経営者としての大きな役割であるからです。
日頃から映画やテレビに関する情報をインターネットテレビガイドなどで収集しながら、経営的な観点も身につけていきましょう。