実生活のトラブル解消に役立つサイト

パワハラの職場

学生であれ勤め人であれ主婦であれ、生きているといろんな問題にぶちあたりますよね。
思わずブックマークする便利なサイトとして今日は、困り事よろず相談処、ほ~納得を紹介したいと思います。
http://www.hou-nattoku.com/

僕がこのサイトの存在を知ったのは、まさに災難が身に降りかかった時でした。
ある飲食チェーンにアルバイトに行き、非常に陰険で壮絶なパワハラを受けたため15日目の終業時、店長の許しを得て辞めました。
給料は銀行振り込みだったので、翌月働いた分の入金があるものと思っていましたが、2ヶ月たっても一向に振り込まれる気配がありません。

困った僕は、店長の携帯に電話し、振り込むように依頼しました。
なななんと、返ってきた返事は、「振り込まないよ」という常識をくつがえす言葉。
思わず目がテンになりました。
時給1000円で一日12時間、13日勤務で15万6千円あるはずなのに。

理由は「急にやめられてバイト募集やらで経費がかかった」というものでした。
確かに僕は迷惑をかけたかもしれない、けれどもキッチンハイターを原液で布巾につけられ、指や手の腹はぼろぼろ、汚れた皿運んで戻ってきた時に、足引っ掛けられて怒鳴り散らされたり、パワハラモラハラ何でもありの職場だから辞めただけっすよ。

僕があっけにとられ言葉を失っていると、店長は電話をガチャ切り。
法律ではどうなってんだろ・・・

ネット検索で見つけたサイト

僕はネット検索を始めました
そんな時、偶然このサイトを知ったんです。
労働基準法で、賃金は必ず渡さなければいけないもので、それを怠ると使用者には30万円の罰金が課せられるんだな。

支払ってもらえなかった時は、勤務先の所在する労働基準監督署に未払の事実を申告すれば是正勧告を出してくれること、それでも払わない店長、というか会社を相手取って数千円で簡易裁判を起こす事ができ、僕が圧勝という法知識を得ることが出来ました。

僕はここで学んだ知識を元に、速攻で店長の携帯に連絡をいれ留守録に、「明日、労基へ行って賃金未払救済の申告をしてくる」と吹き込みました。
そしたら、速攻振り込んだと連絡があったんです(笑
僕の圧勝でした。

僕の生活は今のところ平穏ですが、やはりちょっとしたトラブルは発生してます。
スマホにざくざく入ってくる迷惑メールの対処法とかPCでちょっと可愛い女の子の画像クリックしただけなのに、5万円の支払いを要求する登録画面が出てきたとか、へっ?という場面があるんですよね社会生活には。

そういう時、直ぐにここを開いて事例を検索するんです。
迷惑メールの通報先も知ってるし、言われ無き請求は、華麗にスルー&通報対処とかね、いろいろ学べるんです。
法律や対処法を知ってるのと、知らないのでは結果に大きく差が出ますよね。
生活全般に関わる問題は全部網羅されているサイトだと思います。
この先なにか大変なことが起こっても、僕のお気に入りにこのサイトがある限りまずは安心と頼りにしているのです。