暮らしに役立つ?エンタメ情報

今回、暮らしに役立つかもしれない情報が載っている情報サイトを
紹介していきたいと思います。
僕がまずお勧めするサイトは
「アウトドアに役立つ200のサバイバル術」
http://www.outdoor-skill.com/water/drinking.html
キャンプやフィッシング、洞窟探検などあちこち出かけるアウトドアな方に
ぴったりな情報が満載です。

また、防災や緊急治療など、いざという時のために役立つ情報が
たくさん載っているのでぜひ参考にしてみてください。
ここでは200もある情報の中からいくつか紹介してみたいと思います。

・緊急の飲み水の確保
災害や山、無人島などで遭難したときに水の確保は必須になります
水をきちんと確保できるかどうかで生死が決まってしまいます。
このサイトでは海水を蒸留したり朝霧や雪を水に変える方法など
いくつか方法が載っていますがお勧めは泥水や濁った水を飲料水に変える方法です。
~方法~
1.底を切り取ったペットボトルを、さかさまにしてつるす。
2.そのペットボトルの中に小石・木炭(焚き火の燃え残り)、砂か小砂利、
丸めたバンダナの順番で入れる。
(一番下が小石、バンダナが一番上)
3.フタに小さな穴をあける。
4.濁った水を入れる。
5.たまった水を約10分間煮沸して、飲み水にする!

この方法ですと必要な物も比較的簡単に手に入りますし
濁った川や水溜りに効果覿面です。

・食料の確保
水の確保が出来れば次は食料ですね。
手軽に手に入るのは野草や木の実などですがここでは確保の難しい
魚の入手方法についていくつかご紹介。
~方法1~
手作り釣竿で魚を取る
1.サオは竹や柳の木の枝など、よくしなるものを選ぶ。
2.糸はタコ糸など、糸状で細くて丈夫なモノならなんでもよい。
※サオの長さと糸全体の長さは、ほぼ同じにする。
ウキからエサまでの長さを先に決め、サオの長さを決める
3.ウキは枯れた小枝や発砲スチロール、乳酸飲料の容器で代用する
4.石、貝殻、六角ナットなどをオモリにする
5.エサはミミズ、エビ、水中に棲む昆虫の幼虫(川石の裏についている)のほか、
ご飯粒、パンやカステラを練ったもの、ソーセージ、いくらなど
6・両端をとがらせた木の枝を釣り針にし、練ったパンや肉片などのエサで木の枝の
釣り針をつつむ

~方法2~
ガチンコ漁
大きな石を川にある石めがけて思いっきり投げつけると
ぶつかった時のショックで魚が気絶し浮かび上がってくるとのこと。
しかし、この方法は多くの川で禁止されており、
仕方ない緊急事態の場合のみに行ってください。

・救難信号の出し方
救難信号は非常時のときに航空機や船に発見されやすいように
覚えておいて損はないと思います。

~方法1~
煙3本のSOS信号
車のタイヤや木などを燃やした大きな煙をある程度の間隔で3ぼんあげると
SOSのサインとなります。

~方法2~
SOS信号を発信する
懐中電灯や笛などで「・・・ーーーー・・・」と繰り返し行えばSOSの合図になります。
例)笛の場合「ピッピッピッ・・・・・ピッピッピ」
もともとは映画などでよく登場するモールス信号が元になっています。

どうでしたか?
日常生活の中ではそうそう発揮する機会は少ないかもしれませんが
もしもの場合があった時に覚えておいて損はないのです。
このほかにも火の起こし方や天候を読む術など冒険心を刺激される内容が
満載なのでぜひ一度見てみて下さい。