JavaScriptの勉強に!

ウエブサイトの作成に必須のスキル

趣味や仕事でウエブサイトを作る機会がある場合に勉強しておくと良いのがJavaScriptです。
様々なウエブサイトでJavaScriptを取り入れたページを作成していることから、現在主流の技術と言っても良いでしょう。
JavaScriptを採用することでウエブサイトに「動き」を出せるのが大きなメリットになります。
誰もが目を奪われてしまうような動きのあるサイトにすることで、多くの人を楽しませることができるウエブサイトに仕上げることができます。
何だか難しそうだなと感じるかもしれませんが、勉強するために最適なサイトを有志の方が制作しているので参考にすると良いでしょう。

ブラウザによっては対応していない

JavaScriptを使用したウエブサイトを作成する場合に覚えておきたいのが、人によってはJavaScriptに対応していないブラウザを使っている可能性があることです。
基本的にはほとんどのブラウザで有効にされているはずですが、自分で設定を変えて無効にしている場合はせっかくの機能が発揮されません。
実際にはユーザーに設定を有効にしてもらわなければいけませんが、ユーザーの設定方法がわからないというケースもあります。
可能であればJavaScriptを有効にするように促す説明と、それぞれのブラウザ別の設定方法の説明を一緒に記載しておくととても親切です。

JavaScriptでできること

JavaScriptの使い方をある程度理解しているなら、素晴らしいウエブサイトを作成できるはずです。
できることをあげてみるとキリがないほどたくさんあります。
例えば計算が必要になるサイトを作りたい場合はJavaScriptを活用すると便利です。
誕生日はわかっているけど何歳になるのかわからないという人のためにサイトを作る場合はJavaScriptを活用するとユーザーに満足してもらえるサイトが完成します。
この技術を応用して医療保険の見積もりサイトなどを作ることも可能になります。
他にもプルダウンメニューを簡単に表示できたり、文字サイズなどをリアルタイムで変更できるようにするなど様々な活用法があります。

JavaScriptの勉強は決して難しいものではないと言われています。
最初は難しそうだなというイメージがあるのも当然ですが、使い慣れるほどに新しい技術を覚えたいという意欲が湧いてくるので自主的に覚えたいと感じるようになります。
HTMLとCSSを駆使するだけではウエブサイトに動きが感じられなかったものですがJavaScriptを導入することでかなり印象が変わるはずです。
これからも技術は廃れることがないと考えられますので、ぜひ勉強をはじめてはいかがでしょうか?