海外のサイトを見る時に役立つ翻訳サイト

海外のサイトは読めないものも

海外のアーティストのサイトや海外で展開しているタイプの公式サイトなどは、基本的にその国の言葉で書かれているものです。
かなりメジャーで日本でも一般的に広く展開・普及しているようなサイトであれば日本語を選んで閲覧することも可能というケースもありますが、やはりその母国語や英語で記載されているケースが非常に多いものです。
英語ができない・わからないという人や、多少はわかっても自分で翻訳して読むのには限界があるなど、できれば日本語で読みたいと思うことも多いです。

WEB翻訳サービス

そこで活躍するのが、インターネット上のWEB翻訳サービスです。
この翻訳サイトは、翻訳したい文章を窓に入力して翻訳したい言語を選ぶと、自動で選んだ言語に翻訳してくれるというサービスです。
人間のように細かな意図まで汲み取って人間と同じような文章として翻訳することはできませんが、言葉として充分理解できるような文章を結果に返してくれます。
そのため、その文章をもとにサイトにどんな言葉が書かれているのかを読み解くことが可能となります。

またgoogleではページそのものを翻訳してくれるという便利なサービスも提供しており、他国語で構成されている文章のサイトに飛ぶと自動で翻訳したり、翻訳しますか?と尋ねてくれるというものです。
海外のサイトを見るときは一部分だけ翻訳してほしいというよりも、全体的に翻訳して日本語で読みたいというケースの方が覆いですから、このサイトごと翻訳してくれる機能はとても便利です。
またgoogleプレイというアプリをインストールするためのサイトでは、海外のアプリの説明を自動で翻訳してくれるようにしたり、スマホでも翻訳するというボタン一つで自動翻訳が適用されるなど、使いやすい機能が搭載されています。

この翻訳は英語などの言語のみだけでなく、様々な国の言語に対応しています。
なので、英語圏以外で展開されているサイトであって、その国の言語を一切知らなかったとしても、この翻訳機能を使えばサイトを閲覧し、内容を読むことが可能なのです。
googleの翻訳機能では実に80もの言語に対応しています。

またFirefoxでもページを丸ごと翻訳してくれるアドオンというものをブラウザ上で提供しています。
これはFirefoxのブラウザ上にインストールして使うもので、それ以外のブラウザでは動きませんが、このブラウザを常々使って海外サイトを見るという人にはとても便利なアドオンです。