【おすすめキュレーションサイト】NAVERまとめ

アクセス数トップのNAVERまとめとは

参考:http://matome.naver.jp/
NAVERまとめを運営しているのは、韓国にあるIT企業ネイバーの子会社である、LINE株式会社です。
これは、スマホのコミュニケーションアプリとして有名なLINEの運営会社と同じ会社です。
知名度も非常に高く、月間の閲覧数が10億を超えるとも言われています。
それだけの有名サイトで自分がキュレーターとなり、独自にまとめたまとめ記事を自由に掲載・編集できるだけでなく、そのまとめ記事へのアクセス数に応じて、現金収入も可能であるというのが大きな魅力となっているのです。

NAVERまとめは、元々LINE株式会社によって運営されているウェブサービス事業「NAVER」の1つです。
サービスの開始は2009年の7月で、特定のテーマによってインターネット上の情報が収集されており、集めた情報の分類と繋ぎ合わせを行ったものを1つのページに掲載しています。
かなり幅広いジャンルがあり、特定のテーマに絞って雑学、名言、ニュース、画像集、リンク集など多岐に渡ってまとめられています。

また作成されたまとめページは、各検索エンジンからクロールされて公開されるだけでなく、NAVERによって提供されているまとめ検索で検索し、参照することが可能となっています。
LINE株式会社では、NAVERまとめサービスのことをキュレーション・プラットフォームと呼んでいます。

報酬について

NAVERまとめの最大の特徴は、現金収入が可能だということです。
この報酬については、そのまとめページがどれくらいのアクセス数、つまりはページビュー数を稼いだかによって決定されます。
アクセス数に応じて決められたレートに基づいた金額となり、そのまとめページの編集者に支払われる、という仕組みになっています。
この報酬はインセンティブと呼ばれ、支払いは楽天銀行株式会社によって提供されている、メルマネマスペイメントを利用しています。
これは、メールによって送金されるサービスです。

ただ、どんな内容でも同じレートというわけではなく、運営会社が支援したいまとめ、抑制したいまとめで差が出てきます。
この基準は、随時調整されます。
中には、インセンティブのレートが下がるだけでなく、対象外となったりまとめが非表示になったり、アカウント停止になったりするケースもあるので、運営会社の指針は定期的に確認する必要があると言えます。
サービスの利用規約に違反している場合などは、アカウント停止になる可能性が高いため、しっかりと読んで理解しておき、規約の改定があった場合は必ず確認するようにした方が良いでしょう。